働く社員の想い

未経験でも目指せる!! SEへの挑戦 2018年入社関東所属公共システム部

SEを目指したきっかけ、アズウェルを選んだ理由

前職は子ども向けのロボット教室の講師をしていました。授業内容は、小学生クラスはパソコンでブロックを組み立てて、それが実物のモーターと連動してロボットを動かす、中高の高学年クラスはスクラッチというプログラミングを用いて、より複雑な動きをつけるという内容でした。その教室を通してプログラミングを知り、SEという職種に興味を持ちました。

就職活動時には求人掲載に「未経験でもOK」と募集をかけている企業を重点的に探していました。実はアズウェルの他に、もう2社面接を受けていて、1社は内定をいただき、1社は選考に進んでいるという状態でした。その会社でも「もちろん未経験でも大丈夫」と仰っていただいていたのですが、短いスパンで現場に出されてしまいそうな雰囲気があり、少し不安に感じていました……。しかしアズウェルで鷹羽社長や管理者の方とお会いした際、その点を相談し深堀りしたところ「本当に未経験でも雇います!」という想いが、より強く伝わり、未経験の私でも充分に勉強をさせてもらえる会社だと安心することができたので、アズウェルを選びました。

SEを目指したきっかけ

未経験からSEになるための勉強のコツ、苦労したこと

プログラミングに関しては、スクラッチを用いてロボットを動かす程度の簡単な知識しかなかったため、入社前にJava(ジャバ)の勉強をしていました。実際にコードとして書いたものを、参考書に付属している仮想開発環境で実行してみるのが、一番勉強になったと思います。私は本の教材を買いましたが、ウェブサイトでも『Progate』など勉強できる環境が多くあるのでオススメです。入社後は社内研修を3ヶ月受けましたが、現場の業務で学ぶことも多いため、仕事をやりつつ、覚えつつ、今も勉強をしているような状態です。

業務に携わらせていただくようになった当初は、右も左も分からないような状態だったので、分からないことをどう調べていいかも分からず、先輩に質問するにしても「〇〇の△△が分からないのですがどうしたらいいですか?」といった的確な言葉も出てこず、漠然としていました……。当時は自分で限界まで調べて、それでも分からなければ、もうその旨を先輩へ正直に伝えていました。今となっては当時の聞き方が正しいのか分かりませんが「ここが分からなくて、調べ方も分からないので、調べ方を教えていただけませんか?」と聞いたりしていました。自分ひとりで解決しようとすると、時間もかかってしまうので、調べる時間はある程度決めて調べるようにしていました。今となっては自分で調べて解決できることも少しずつ増えてきましたが、最初はその足掛かりがなかったので苦労したところもあります。

メッセージ、アズウェル株式会社の強み

文系の方は、この業界に入ることに戸惑い不安に思う方も多いと思いますが、実際にプログラムを作るときに数学を使うことは多くなく、やる気があれば何とかなることの方が多いので、安心して飛び込んでいただければと思います。でも言語の勉強はやっていて損はないですね。実践ありきとはいえ、基礎知識があるのとないのとでは全然違うので、Java(ジャバ)や、PHP(ピーエイチピー)とか、そのあたりを勉強されるのがオススメだと思います。アズウェルでは、新卒ももちろんいますが、中途の方が多く、いろんな会社で活躍していた経験豊富な方が多いので、どの分野で悩んだとしても、相談することができます。自分が学ぼうと思えば、学べる環境も揃っています。あとは “人が良い” ですね。どれだけ優秀な方が揃っていても、新しく入ってきた方と馴染まなかったり、チームの雰囲気が良くなければ、伸びるものも伸びないです。人材は宝だと思うので、その点は特にアズウェルの良いところだと思います。

メッセージ、アズウェルの強み

アズウェルと共に
未来を作りませんか?